このブログを見ていただいた、あなたのFXトレード力が向上しますように。。


その想いをこめて、私がこれまでに身に付けてきたFXの知識や経験則を
書き綴っていきたいと思います。


初めての方は、まずはこちらをご覧下さい。
誰も語らない移動平均線の真実

問い合わせの多い質問の回答を記事にしました。
「おすすめのFX商材はありませんか?」

記事はどんどん追加していきます!

わからないことなどありましたら、どしどしメッセージやコメント、お待ちしています。
皆様のご感想、ご意見、ご質問が更新の励みになります。

私宛の連絡には、こちらのフォームをご利用ください

下記のボタンをクリックすると、お気に入りに追加できます♪

お気に入りに追加する!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水平線を引く練習 その1

水平線をどんな風に引いていけば良いのか?
実際のチャートを使って説明をしていきます。

2014102401.png


1.相場の波を把握する
2014102402.png

実際に矢印を引く・引かないはどっちでも良いのですが、波の高値・安値を把握していきます。

2.上昇トレンドならば安値、下落トレンドならば高値ラインを引く
2014102403.png

今回は上昇トレンド中なので、安値の方にまずラインを引いていきました。

3.2で引かなかった方にラインを引く
2014102404.png

慣れてくれば2と3はどうにやるのですが、最初は分けて引いた方が良いです。
これで水平線の引き方は完了です。

注意しなければいけないというか、迷ってしまうのは、大きな波の中にある小さな波の上下にもラインを引くべきかどうか?というところです。
この問いに対して正確に答えることはできないものの、自分なりに基準を持っておくようにすると良いです。
僕の場合は、相場のトレンド転換を示す重要な高値・安値に注目し、現在の値動きからその高値・安値までの間は、もう少し細かくラインを引くようにしています。

ちなみに、水平線を引き終わったチャートがこの後どうなったのかというと、、、



2014102405.png

すべてのラインというわけではありませんが、いくつか反応しているラインがありますね。
こういう風に、何度も反応しているラインはより重視すべきサインとなりますので、そのラインで反発するのか抜けるのか?をしっかり見てみてくださいね






テーマ : デイトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : 水平線 練習

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。