このブログを見ていただいた、あなたのFXトレード力が向上しますように。。


その想いをこめて、私がこれまでに身に付けてきたFXの知識や経験則を
書き綴っていきたいと思います。


初めての方は、まずはこちらをご覧下さい。
誰も語らない移動平均線の真実

問い合わせの多い質問の回答を記事にしました。
「おすすめのFX商材はありませんか?」

記事はどんどん追加していきます!

わからないことなどありましたら、どしどしメッセージやコメント、お待ちしています。
皆様のご感想、ご意見、ご質問が更新の励みになります。

私宛の連絡には、こちらのフォームをご利用ください

下記のボタンをクリックすると、お気に入りに追加できます♪

お気に入りに追加する!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウ理論 その3(最後)

2回にわたって書いてきてダウ理論の最終回です。

最後は、実際のチャートを見ながら、ダウ理論を説明したいと思います。


続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル : 株式・投資・マネー

ダウ理論 その2

前回説明をしたダウ理論の続きです。

まだ前回を見ていない方は、こちらをどうぞ→「ダウ理論

前回は、文字だけで説明をしていたので、多少わかりにくい部分があったと思います。

今回は、イメージ図も含めて、説明をします。

続きを読む »

テーマ : FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル : 株式・投資・マネー

ダウ理論

僕のトレード方法の根幹をなすのが、ダウ理論です。

ダウ理論について知らない方は、ぜひご自分で調べてみてください。


自分の手を動かして調べたほうが、より自分のためになります。


ここでは、ダウ理論を簡単に説明したいと思います。

続きを読む »

テーマ : FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル : 株式・投資・マネー

こんなチャートになってます。




参考に、僕が見ているチャートの一例を。

見る人が見たら、


「見づらい!やり直し!」

と怒られちゃいそうな。。。。



僕の場合、トレンドラインに何の意味があるのか?よくわからないので、レジスタンスラインとフィボナッチを中心にしています。


フィボナッチもレジスタンスラインも、チャートの値動きにあわせて引くには経験が必要です。


経験?、それって、裁量ってこと?


そんな声が聞こえてくる気がしますが、そんなことはありません。


経験を元に、

・どこにレジスタンスラインを引けばよいのか、
・フィボナッチは、どの様にあてればよいか
・結局、エントリーとエグジットのポイントはどこか


が、見えてくるのです。不思議なことに。


もちろん、すべてがあっているわけではありません。
ですが、予想が外れた場合は、必然の間違いとして捉えることが出来ます。



おそらく、同じ方法の経験をつめばつむほど、同じ答えにたどり着いてくると思います。


これって、ほぼシステムトレードじゃ、ありませんか?

今日の予想について。

今日の指値の予想は、私の経験・知識・スキルを使って、予想を出しています。

主に使うのは、トレンドラインとフィボナッチ。

FXの泉さん(ランキング参加中!)に習って、自分の予想も公開していこうと決心をしました。


FXの泉さんと同じような形式で指値を発表していますが、利食いのチャンスを広げる為に、ショートエントリーとロングエントリーの間隔は、もっと狭くしています。

その分、ストップロスのリスクも大きくなるので、指値を入れる際には、十分注意をしてください。


リスクを小さくするには、最初のリミットポイントでエントリーすることをオススメします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。